冗談抜きで家が建つほど服を買った俺のファッションブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かすかすぴっぴ

ファッション好きな方、どぞ

革靴のジャストサイズの選び方は?はじめは感じ小さめが良いの!?

はじめに

 

オシャレに欠かせないアイテムのひとつと言えば、革靴だろう。革靴は履くだけでオシャレ感を演出できるし、なによりスニーカーにはないオトナな感じがめっちゃ魅力的。

 

たとえば、あなたがいつも履いているインディゴデニム。そのデニムに合わせるスニーカーを、革靴に替えてみる。これだけでちょっぴり背伸びした気分になり、大人の階段を昇った気がしないだろうか?
 
 
また、革靴で歩いたときの音も良い。あなたが一歩踏み出すたびにカツ、カツと、革靴ならではの音が響く。この音を聴くたびにテンションがあがる人が、読者の皆さんの中にもいらっしゃるのではないだろうか?
 
 
さて、そんな魅力たっぷりの革靴だが、これを選ぶ際には、一点どうしても注意して欲しいポイントがある。
 
 
なぜなら、このポイントをきっちり押さえておかなければ、せっかくの革靴も台無しになってしまうからだ。
 
 

革靴は絶対にジャストサイズを!

 

ポイントとなるのは、ずばりサイズである。見出しの通り、あなたには革靴をジャストサイズで履いて欲しいのだ。
 
 
もちろん、僕がこう言うからには理由がある。そして理由は一つ。ずばり、革靴においてジャストサイズ以外のサイズは、単純に格好悪いからだ。
 
 
考えてもみて欲しい。あなたは、たとえばこんな人が居たらどう思うだろうか。
 
 
全身を細身のシュッとしたスーツで包み、いかにも高そ〜なカバンを持つ長身の男性。左手にはロレックスの時計を装備していて、高級時計ならではの存在感がパない。
 
 
さらに髪型もバッチリだ。ジェルを使って俳優の伊勢谷友介さんみたいな7:3スタイルを決め込んでおり、それが本人にもめっちゃ似合っている。
 
 
本当、そのまま合コンにでも行けば、参加した女の子全員を手玉に取れるんじゃないかというくらいのイケイケぶりだ。もうモテる以外のビジョンが見えないし、仮にコレでモテないなら誰がモテるんだよってくらいのカッコよさ。
 
 
だが、どういうわけか、足元にすごく違和感を感じる。なんというか、足元だけめっちゃ大きい。まるで◯ッキーマウスの足元を見ているみたいだ。
 
 
靴自体はめっちゃ高そうだし、デザインも文句無しにカッコいい。なのに足元だけが何か残念……。これじゃあ伊勢谷祐介さんみたい◯ッキーマウスじゃないか!
 
 
さて、この足元の違和感の正体。これはサイズがもたらす違和感だ。これは靴のサイズが合っていないため、足元だけが浮いて見えるという典型的なケースの一つ。
 
 
このように、革靴はサイズをミスってしまうと、途端に格好悪くなってしまう。それだけでコーディネート全体をダメにしかねないから恐ろしい。
 
 
革靴はうまく履きこなせば引き締まって見えるけれど、少し間違えると全てをダメにしてしまう。まさに諸刃の刃なのである。
 
 
もっとも、スニーカーであれば敢えて大きめに履くことが許される場合はあるが、こと革靴においては絶対にNG。それがたとえオールデンやジョンロブなどの、いわゆる高級な革靴であったとしてもだ。
 
 
だから革靴は絶対にジャストサイズで履かなければならない。そう、革靴においては、ジャストサイズこそが正義! なのだ。
 
 
そしてこのジャストサイズを意識することで、あなたも格好良く革靴を履きこなせるようになるはずだ。
 

革靴におけるジャストサイズの選び方の原則は、足の実寸に合わせること!

 
次はジャストサイズの選び方について、お話しよう。
 
 
これは非常に簡単で、基本的には自分の足の実寸に合わせるといい。
 
 
たとえば僕の足の実寸は24.5センチだから、革靴も24.5センチのものになる。これは大原則なので、絶対に頭に入れておいて欲しい重要なポイントだ。
 
 
ちなみに足の実寸の測り方については、以下の記事で書かせてもらっている。併せて参照して頂ければ幸いだ↓
 
 
さて、本題に戻ろう。
 
 
革靴を一度でも履いたことがある人なら分かると思うが、革靴は最初めっちゃ硬い。これはまだ革が伸びていないためである。
 
 
そして革が伸びていない状態で実寸サイズの革靴を履こうものなら、マジで地獄を見る。あまりの窮屈感にすぐにでも革靴を脱ぎたくなること間違いなしだ。
 
 
しかし、ここで脱いでしまっては、残念ながらあなたは、ジャストサイズの革靴を選ぶことは出来ないだろう。
 
 
なぜなら、あなたが履いたその窮屈なサイズの靴こそが、将来的にあなたにとってのジャストサイズになる靴だからである。
 
 
さて、ここでひとつ疑問に思ったかもしれない。僕は上で「将来的に」という表現をしたが、あなたはここに違和感を覚えたのではないだろうか。 
 
 
おそらく、
 
 
「え、実寸に合わせればそれでいいんじゃないの?」
 
 
こう思ったはずだ。
 
 
確かに冒頭でお伝えしたとおり、実寸に合わすことは正しい。これが大前提であるというのは揺るがない。
 
 
しかし正確には、それだけではまだジャストサイズとは言えない。そう、あなたの革靴はまだ未完成なのである。
 
 
では、あなたの革靴を完成させ、ジャストサイズにするためにはどうしたら良いのか? 以下で続きをお話ししよう。
 

ジャストサイズは作るもの!? 最初は小さめのサイズ感?

 
ここからは、ジャストサイズの作り方についてお話しする。もう少しでこの記事は終わりなので、どうか最後までお付き合い頂けると幸いだ。
 
 
さて、ジャストサイズの作り方だが、それはひたすら履き込むことの一点に尽きる。つまり、根性を出す他はない。
 
 
例え足が痛くなっても、冗談抜きでうっ血しそうになっても、なんか足が痺れてきても、ひたすら耐えて耐えて、あなたが選んだ一足の革靴を履き続けるのだ。
 
 
これだけ聞くとただの根性論だし、「マジでkspippi鬼畜!!」と批難の声が聞こえてきそうではあるが、もちろんちゃんとした根拠があるので安心して欲しい。僕はサディストじゃないから、読者の皆さんをただ苦しめたいわけではないのだ。
 
 
そしてその根拠とは、革が伸びるということである。
 
 
革は天然素材であるがゆえに伸びる特性があり、はじめは小さめのサイズ感かな? と思っても、数ヶ月後には履いた感じが変わっているのだ。
 
 
そしてその頃には、その革靴はあなたの足に馴染んでいる。その瞬間に、その革靴があなただけのジャストサイズに仕上がるワケだ。
 
 
そしてこの瞬間は、他のなにものにも変えられない感動を味わうことができる。これは恋愛に置き換えると非常にわかりやすい。
 
 
想像して欲しい。例えばあなたにめちゃくちゃ彼女にしたい女の子がいたとしよう。
 
 
あなたはその女の子にアプローチすべく、あくる日もあくる日もラインを送り続ける。しかし、だいたい既読スルーされ、たまに返信があったと思えば「うん」の一言だけ。ちなみにこの「うん」には絵文字も顔文字も一切なし。
 
 
こういう経緯があると当然ではあるが、あなたは「あの子は俺には一生振り向いてくれないんだろうな……」と諦めかけるだろう。
 
 
しかし、ある日を境に状況は好転する。なんと、それまで全く盛り上がらなかったラインが、少しずつ盛り上がりはじめたのだ。
 
 
以前と違って既読スルーされることはなくなり、返信の内容もちゃんとした内容になっている。しかも、絵文字や顔文字も使ってくれているのではないか。たったこれだけのことかも知れないが、あなたにとっては大きな変化に違いない。
 
 
そしてとうとうデートの約束を取り付ける。その初デートを境に、あなたと女の子の距離は一気に縮まり、ほどなくしてめでたくカップルに。いやー、おめでとうございます。
 
 
さて、あなたはなぜ恋愛を成就することが出来たのか。これはずばり、あなたが諦めずアプローチし続けたからに他ならない。つまり、恋愛と同じように革靴にアプローチし続ければ、革靴もあなたに振り向いてくれるということだ。
 
 
だから諦めずに革靴を履き続けて欲しい。そう、あなたの革靴があなたにとってのジャストサイズになり、完成を迎えるその日まで。
 
 
【関連記事一覧】

スニーカーは、何センチまで大きく履けば良い?