冗談抜きで家が建つほど服を買った俺のファッションブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かすかすぴっぴ

ファッション好きな方、どぞ

オシャレになりたい男の人へ。まずは好みを知ろう!

メンズファッション

はじめに

 

読者のみなさん、こんにちは。どうも、今朝寝坊して仕事に遅刻しかけたkspippiだ。

 

冬は朝起きれないから困る。それは全部布団が僕を放してくれないせいだ。今日なんてそのせいで30分もロスした。

 

しかし仮にそれで遅刻をしても、「布団が離してくれませんでした」なんて言い訳は通用しないのが社会の厳しいところ。まったく理不尽とはこのことである。

 

さて、前置きもほどほどに、今日はオシャレになる方法についての第一歩をお話ししようと思う。

 

オシャレになりたい皆さんがまずはじめにすべきことは、以下の通りだ。

 

オシャレの第一歩はここから! まずはあなたの好みを知ろう!

 
先日、お問い合わせフォームからとある質問を頂いた。その質問は、「オシャレになれません。オシャレになるためにはどうしたらいいの?」という質問だった。
 
正直言うと、この質問に対する確たる回答は存在しない。それは人によって答えが違うからだ。
 
だからオシャレになるためには? という質問に対しては、人の数だけ答えがある。すなわち、複数の回答が考えられるのである。
 
しかし、いくら回答が複数あると言えども模範回答は存在する。それは「ファッション雑誌でも買って勉強しろ」という回答だ
 
では、あなたがファッション雑誌を買ってまず最初にするべきこととは何か? それは、あなたが買った雑誌の中から、あなたが好きな服装を探すこと。この一点に尽きる。
 
これは、自分の中のオシャレな服装のイメージを確立するためだ。
 
オシャレになるためにはまず、自分がこうなりたいというオシャレな服装のイメージを持つことが大事なのである。
 
なぜなら、その服装に近づけていくことこそが、あなたにとってオシャレになるということだからである。
 
また、あなたの中のオシャレな服装、すなわちあなたの目標を決めておかないと、方向を見誤ってしまうことになる。
 
なぜなら目標を叶えるための正攻法は、その目標を達成するための正しい努力をすることをおいて他ならないからだ。
 
例えば陸上の世界において、短距離走者が長距離走者と同じ練習をしたとしても、たいした成果は得られないだろう。
 
これは短距離走のタイムを縮めるのと、長距離走のタイムを縮めるのとでは、まったくアプローチが異なるからである。
 
だから短距離走のタイムを縮めるには短距離走のアプローチが必要だし、長距離走には長距離走のアプローチが必要だ。  
 
そしてそのアプローチは目標から考えられるもの。だからまずは、あなたの目標となる服装を見つけよう。
 
新作アイテムのチェックやコーディネート術などのテクニック、すなわちこれら目標へのアプローチを考えるのはそれからだ。
 
ちなみに、目標を見つけるための手段はなんでも構わない。
 
冒頭ではファッション雑誌を参考にと述べたが、なにもファッション雑誌に限定する必要はない。例えば雑誌以外ではウェブ上のスナップサイトが参考になるだろう。
 
このように手段を問わず、とにかく人の服装をたくさん見ること。そしてその中から目標となる服装を見つけること。
 
まずここから取り組むことが、あなたがオシャレになるための第一歩なのである。
 

参考になる雑誌とは!? 僕が選ぶファッション雑誌3選!

 

ここからは僕がオススメするファッション雑誌のご紹介といこう。
 
今回は3つ選ばせてもらったので、この中からあなたと相性が良さそうなものを選ぶといい。いずれも有名な雑誌なので、きっとあなたの好みが見つかるはずだ。
 
Mens Non-no
Men's NONNO(メンズノンノ) 2016年 03 月号 [雑誌]

Men's NONNO(メンズノンノ) 2016年 03 月号 [雑誌]

 

 

なにも分かりません、という方は迷わずコレだ。理由はいまイケてる服装が数多く掲載されているから。

 

ゆえに服装の選択肢が多く、好みの服装を見つけるにはもってこいなのだ。(ちなみに今年の2月号に僕が載っているぞ!)

 

POPEYE

POPEYE(ポパイ) 2016年 3月号 [雑誌]

POPEYE(ポパイ) 2016年 3月号 [雑誌]

 

 

おそらく今一番人気があるファッション雑誌。上記のメンズノンノよりも更におしゃれ色が強く、都会的である。

 

また、服装だけでなく、ライフスタイルにもフォーカスしているのも特徴的。このことから、トータルでオシャレを提案しているとも言える。

 

ちなみに一時期話題になった、シティーボーイというワードを生み出したのもこの雑誌だ。

 

シティーボーイがわからない人は、例えば表参道なんかによくいる白靴下にローファー男子のことと思ってくれたらいい。そんなシティーボーイを目指すのなら間違いなくこの雑誌だ。

 

・カジカジ

カジカジ 2016年 02 月号 [雑誌]

カジカジ 2016年 02 月号 [雑誌]

 

 

こちらは関西のファッション情報を取り扱うファッション雑誌。タイトルの通りカジュアルがメインだが、関西らしく攻めたスタイルを提案している。

 

具体的にはカジュアルをベースに古着やストリート的な要素を取り入れたりと、上記二つの雑誌に比べて派手なのが特徴。ちょっと派手目で、シンプルコーデなんてやだ! と思う人はコレだろう。

 
以上だ。立ち読みでもいいので、ざっと目を通して頂ければ幸いだ。
 
ひょっとしたらこの中にあなたの目標となる人がいるかも知れない。このいずれかがあなたの手助けになることを願っている。