冗談抜きで家が建つほど服を買った俺のファッションブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かすかすぴっぴ

ファッション好きな方、どぞ

真冬のコーデメンズ編!極寒を制すために必要な3つのアイテムとは!?

アウター

真冬のコーデに悩むメンズが急上昇中!?

 

こんにちは。kspippiです。

 

最近はグッと気温が下がりましたね。もうそろそろ、真冬が来るのではないかと思われます。

 

そしてこの時期になると、「真冬のコーデどうしよ……」とお悩みのメンズの方が増えるのが世の常。

 

この記事にアクセスされたアナタも、そんなお悩みを抱えたメンズの一人でしょう。

 

そこで今回、そんなアナタのお悩みを解決するべく、

 

’’メンズの真冬コーデ’’

 

についてお話しをさせて頂きます!

 

「真冬もイケイケになりてぇ」

「真冬のイケイケコーデで、クリスマスまでに彼女を作るんや!」

 

このようにお考えのメンズの皆さん、どうぞこのまま記事を読み進めてください。

 

これからお話することは、きっとアナタのお役に立ちますよ!

 

それではさっそくいってみましょう〜!

 

真冬のコーデに必要なものって?

 

まずはこちらから。

 

「真冬のコーデに必要なもの」

 

これですね。

 

まずは、真冬のコーデには何が必要なのかを確認しましょうか。やはり必要なアイテムを把握しておかないと、コーデを組むことは出来ませんからね。

 

で、ですね。僕が思うに、真冬のコーデに必要なアイテムとは……

 

  • ヘビーアウター
  • ローゲージのニット
  • マフラー

 

以上、3点です。これら3つは、’’真冬のイケイケコーデ’’を目指す上で、必ず押さえておきたいアイテムたちですね。

 

では次に、それぞれのアイテムを解説していきます。

 

ヘビーアウターとは? 今年の冬のおすすめはMA-1などのブルゾンタイプ!

 

ヘビーアウターとは、明らかに真冬仕様な上着のことを指します。

 

たとえば厚手のコートやダウンジャケット、中綿入りのブルゾンなどがあります。

 

「どう考えても真冬しか着ねぇだろこれ」みたいなヤツのことと思ってもらえれば間違いありません。

 

中でも今冬おすすめしたいのが、MA-1などのブルゾン系です。

 

今季はMA-1のように、着丈が短いものがトレンドです。特にMA-1は’’今キテるアウター’’ですから、まさにイケイケな真冬コーデにはぴったりのアウターでございます。

 

ただひとつ、ここで注意したいことがあります。

 

それは、ペラッペラなMA-1を選ばないようにすることです。

 

その基準はずばり、中綿が入っているかどうか。

 

中綿が入っていないタイプのMA-1には、防寒性がありません。なので真冬のMA-1を選ぶ際には、そのMA-1に中綿が入っているかどうかを必ずチェックしましょう。

 

ちなみに中綿が入っているタイプのMA-1で、僕がもっともおすすめしたいのがヴィンテージのMA-1。

 

とは言え、ヴィンテージ品はいろいろとハードルがありますので、まずは以下のMA-1をおすすめさせて頂きます↓

 

 

また、MA-1についてさらに知りたい方は、以下の記事も併せてお読みいただければと思います↓

 

低身長のメンズのアウターにはMA-1がオススメ!真冬もイケる着こなしをチェック! - かすかすぴっぴ

 

では、ヘビーアウターについては以上。次に、ローゲージのニットについてお話させて頂きますね!

 

ローゲージのニットとは? おすすめはタートルネック!?

 

ローゲージのニットとは、編みがザックリしたニットのことを言います。

 

このことから、巷では’’ザックリニット’’なんて呼ばれたりしますね。まさに冬を代表するセーターかと思います。

 

そして、こちらのザックリニットですが、やはり特筆すべきはその保温性です。

 

こちらのニットは、その他のニットに比べて糸が太いため、こと保温性においては段違いなのですよ。

 

まさに真冬のインナーにピッタリですよね。この上に先ほどご紹介したMA-1などを羽織るだけで、ふつうに冬を越すことが出来ます(※極寒地域にお住まいの方は除く)。

 

また、ローゲージニットには「クルーネックタイプ」と「タートルネックタイプ」の2種類があるのですが、今年の冬はタートルネックがお勧めです。

 

こう聞くと、

 

「ええ!? タートルなんて俺似合わないよ……」

 

と思った方もいるかも知れません。

 

しかしですね、ローゲージのタートルネックニットは、比較的どなたでもコーデしやすいんですよ。

 

なぜなら、ローゲージのタートルニットは、首元にボリュームがあるからです。

 

一般的にタートルネックは、首部分が細く出来ていることが多いです。

 

そのせいで顔が強調されてしまうため、多くの方にとって避けられがち。

 

その点ローゲージのタートルネックニットは、首元にボリュームが出る分、顔を小さく見せる効果があるんですね。

 

ですので、いままでタートルネックを避けてきた人は、ぜひこの機会にチャレンジしてみてください。

 

きっとアナタが思ったほど違和感はないはずです!

 

真冬の必需品! マフラーを巻こう!

 

最後に、マフラーについてお話します。

 

僕的に、マフラーは真冬のイケイケコーデを目指す上で必要不可欠なアイテム。単純にあったかいし、首元にアクセントを作れるので、かなり重宝しています。

 

僕はもう、マフラーなしでは真冬は過ごせないほど。もしもこの世の中にマフラーが存在しなかったら、僕は一生冬を越すことは出来なかったでしょうね!

 

それで、マフラーを使うときのポイントなのですが、僕はいちばん大事なのは、アウターとのバランスかなと思っています。

 

バランスというのは、サイズのバランスのことです。

 

マフラーには洋服と同様、サイズが存在します。それは大きくわけて2つで、それぞれ

 

  • 大判タイプ
  • 大判タイプ以外

 

ざっくりこんなイメージかと思われます。

 

このうち注意しないといけないのは、間違いなく大判タイプです。

 

なぜなら、大判タイプのマフラーは、合わせるアウターを選んでしまうからです。

 

そして、大判タイプと相性が悪いアウターとは、

 

首もとが特徴的なアウター

 

これに尽きます。

 

たとえばPコート。Pコートは襟が大きく、首元にかなり特徴がありますよね。

 

そして、こういった大きいアウターに、超大判のマフラーを合わせてしまうと、首元がうるさくなりがちです。

 

ただでさえアウターの襟が特徴的なのに、その上でっかいマフラーがプラスされると、ちょっとクドい印象を受けてしまうんですよ。

 

ですので、大判マフラーを合わせる際には、必ず首元に特徴がないアウターを選ぶべきなんです。

 

それこそ、先ほど紹介したMA-1なんかはピッタリですね。

 

なんと言ってもMA-1はノーカラー(襟がない)ですから、マフラーとの相性は鉄。

 

そうとわかったら、「これでもかっ!」ってくらいにマフラーをグルグル巻きにして外に出ちゃいましょう。

 

終わりに

 

以上、「真冬のコーデメンズ編」でした。

 

今後もいろいろと提案させて頂きますので、よかったらまたこのブログに遊びに来てもらえますと幸いです!

 

ではでは、今回はこの辺で。

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました〜!

 

【あわせて読みたい関連記事一覧】

インナーダウンのおすすめメンズ編!2016年はどれにする!? - かすかすぴっぴ