冗談抜きで家が建つほど服を買った俺のファッションブログ

かすかすぴっぴ

ファッション好きな方、どぞ

マフラーで首がかゆい!チクチクから解放される2つの素材とは?

マフラーを巻くと首がかゆい!

f:id:kspippi:20171027202208j:plain

 

こんにちは、kspippiです。

 

そろそろ本格的に冬を迎えますし、

 

マフラーが恋しくなる季節ですね。

 

マフラーっておしゃれですし、何よりあったかいですから、

 

それを堂々と身に着けることが出来る冬の到来が、

 

待ち遠しく思っている方もいるのではないでしょうか。

 

そんなマフラーですが、

 

「巻くとかゆくなる…」

 

「チクチクがマジでうぜぇ!」

 

と感じることがありませんか?

 

僕は良くあります。いや、今では良くあったという方が正しいですね。

 

なぜ過去形かと言いますと、

 

『かゆくないマフラーの選び方』

 

というのが、今では分かるようになったからなんですよね。

 

それを今回、あなたにお話ししていきたいと思います。

 

それではいってみましょう!

 

マフラーで首がかゆくなる原因は素材にあり!?

 

さて、まずマフラーを巻くとなぜかゆくなるのかってところから、

 

お話しをしていこうと思います。

 

これはひとえに素材が原因です。

 

マフラーによく使われている素材はウール…つまるところ、ウールが原因というわけですな。

 

あれが首=肌にダイレクトに接触することで、

 

あなたはかゆみを感じているというわけです。

 

特にあなたが敏感肌の場合、

 

かゆみによるストレスはものすごいでしょう。

 

あまりのかゆみに耐え切れず、

 

「冗談抜きにマフラーを捨ててしまいたい…!」

 

と思った経験が、一度はあるのではないかと思います。

 

…で、この原因を考えると、

 

『ウール以外の素材のマフラーを選ぶのが吉』

 

と、答えはこのようになりますな。

 

ウール素材以外のマフラーの問題点

 

とは言え、ウール素材以外のマフラーには、

 

とある問題点があります。

 

それは『防寒性が落ちる』ということ。

 

ウール以外にはアクリルなどいろんな素材のマフラーがありますが、

 

それらすべて、やはりウールの暖かさには勝てません。

 

あのあったかさもマフラーの醍醐味のひとつなのに、

 

それが失われてしまうというのは、

 

ちょっと嫌ですよね。

 

 

そこでお勧めなのが、これから紹介する二つです。

 

メリノウール

 

まず紹介したいのが、メリノウール素材です。

 

これはウールの一種ですが、

 

通常のウールとは異なり、

 

『手触りがめちゃくちゃ良い』という特徴があります。

 

羊の毛からなるメリノウールは、

 

普通のウールよりも毛が短く、

 

さらに手触りがなめらかなため、

 

「普通のマフラーじゃだめだけど、メリノウールのマフラーはかゆくならない」

 

という人がいますからね。

 

なのでまず、

 

選択肢のひとつとして、このメリノウールは覚えておきたいところです。

 

カシミア

 

もうひとつ、カシミアのマフラーも良いですね。

 

こちらもメリノウール同様、

 

手触りがなめらかであり、かゆみを感じにくいです。

 

また、カシミアならではの高級感もポイントでしょう。

 

特にカシミア100であれば、めちゃくちゃ上品さがありますし、

 

身に着けるだけでクリーンさが増します。

 

その分すこし値段は張りますが、

 

それだけに長く使えますので、

 

そういった観点からも、十分に選択肢となり得るでしょう。

 

おわりに

 

以上、首がかゆくならないマフラーについてのお話でした。

 

今回お話しさせてもらった、

 

メリノウールとカシミアのマフラー。

 

僕もこれらのマフラーを使い始めてから、

 

一気にかゆみを感じなくなりました。

 

なので、良かったらぜひ、

 

あなたも試してみられてはいかがでしょうか。

 

それでは、今回のお話はここまでとします。

 

またお会いしましょう!