冗談抜きで家が建つほど服を買った俺のファッションブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かすかすぴっぴ

ファッション好きな方、どぞ

マフラーの色の選び方、メンズ編!コーディネート例も紹介するよ!

マフラーの色の選び方、メンズ編!

 

こんにちは。kspippiです。

 

最近、ほんと寒いっすねー。寒さのあまり、僕はもうインナーダウンとマフラーを解禁してしまいました。

 

特に昨日は雨が降ったこともあり、なかなかの冷え込み具合。そんな中、寒さから僕を守ってくれたのが、インナーダウンとマフラーでした。

 

このうち、インナーダウンについては、すでに何度かお話させてもらってます。なので、今日はマフラーについてお話をしようと思います。

 

フォーカスするのはずばり、’’マフラーの色の選び方’’について。メンズのみなさんで、マフラーの色合わせ・選び方に迷っていた人は必見です。

 

というわけでさっそくいってみましょう。

 

メンズのみなさん「マフラーの色はどう選べば良いのよ?!」

 

見出しのように、マフラーの色選びでお困りのメンズの方が一定数いるようです。

 

たしかにこのお悩み、僕もよ〜く分かります。というのも、僕が初めて自分でマフラーを買おうと思った時、同じように色選びで迷った経験があるからです。

 

マフラーってほら、たくさん色がありますもんね。だからどの色を選べば良いのかわからなくなりがちです。

 

かと言って、無難に黒とか紺を選べばいっか……というわけにもいかず。「オレふだん黒のアウターばかりなのに、マフラーも同じような色ってなんかアレじゃね?」なんて経験が、みなさんにもあるのではないでしょうか。

 

そこで僕から提案なんですが、マフラーの色選びは、アウターの色によって変えましょう。

 

具体的には、以下のようにすると良いです↓

 

  • アウターが暗い色の場合(紺とか黒など)→明るい色のマフラー
  • アウターが薄い色の場合(ベージュやライトグレーなど)→暗い色のマフラー

 

これは、マフラーの存在感を際立たせることができるためです。同時に、コーディネート全体の調和もはかることが可能に。このとおり、一石二鳥というわけですね。

 

では、次項で詳しく見ていきましょう!

 

暗い色のアウター×明るい色のマフラー

 

まずはこの組み合わせ。暗い色のアウターと明るい色のマフラー。

 

メンズの方は、暗い色のアウターを選ぶ人が多いと思います。現に黒とか紺色とか、ダークトーンのアウターが人気ありますもんね。

 

そこで暗い色のマフラーを使ってしまうと、どうしてもコーディネート全体が暗く見えがちです。ぱっと見の見栄えはあまりよくないですし、さらに厄介なことに、顔を目立たせてしまいます。

 

そして顔が目立つということは、顔がデカく見えてしまうということです。日本人男性って顔が大きい傾向にありますので、これはあまり宜しくないですよね。

 

しかし、明るい色のマフラーを巻けば、結果は大きく変わります。

 

まず、首元が華やかになり、全体の見栄えが良くなります。アウターが暗い色ですから、単純に明るい色のマフラーが映えますしね。

 

しかも、メリットはそれだけじゃあありません。なんとなんと、明るい色のマフラーを使うことで、小顔効果も期待することが出来るのです。

 

これは、マフラーの色が目立つことで、相対的に顔を小さく見せることが可能ということ。やっぱり顔が小さく見えた方がスタイル良く見えますから、ここは積極的に狙っていきましょう。

 

ここで参考画像をチェックしましょう。例のごとくインスタからひっぱってきましたので、どうぞご確認ください↓

 

www.instagram.com

 

黒のジャケット(もしかしてカーディガンかも)に、レッドのマフラーが映えますね。全体のカラーバランスも良いですし、マジで文句なしに格好良い。

 

こちらは女性の方だと思うんですけど、このカラーパレットはメンズの方にもオススメです。良かったら参考にしてみてください。

 

では、暗い色のアウター×明るい色のマフラーのお話は以上。次に、明るい色のアウター×暗い色のマフラーのお話をさせて頂きます。

 

明るい色のアウター×暗い色のマフラー

 

次にチェックするのは、明るい色のアウター×暗い色のマフラーの例です。

 

例えばほら、ライトグレーとかキャメルとか、明るい色のアウターってあるじゃないですか。ああいうものに明るい色のマフラーを合わせるのは、もちろん悪くはないんですよ。普通に良いと思いますし、何も問題はありません。

 

しかしですね、ここはぜひ暗い色のマフラーを使いましょう。そうすることでマフラーを際立たせることが出来て、結果アウターとマフラーとのメリハリが生まれます。

 

やっぱり、色のメリハリって大事です。色でもサイズでも、メリハリを意識したコーディネートは、なんたってパッと見の見栄えが良いですからね。それこそ写真映えしますから、インスタグラムとか雑誌のスナップとかには持ってこいです。

 

またまた参考画像をひとつ。やはりインスタからの引用です↓

 

www.instagram.com

 

これはかなり好きですね。発色の良いキャメルのチェスターコートに、ダークトーンを基調としたマフラー。やはりアウターの色が明るい分、マフラーが映えます。

 

こちらも先ほどと同様、女性の方ではありますが、メンズの皆さんにとっても参考になるコーディネートです。全然マネしちゃっても良いと思います。

 

終わりに

 

以上、’’マフラーの色の選び方メンズ編’’でした。

 

「メンズ編なのに女性の写真ばっかじゃん!!」と思った方、本当にすみません。

 

しかし先述のとおり、今回ご紹介した例はメンズの皆さんにとっても参考になりますので、どうかご容赦を……。本当、性別抜きで間違いなく格好良いので、穴が開くくらい画像を見てもらって構いません。

 

では、今回のお話は以上です。またお会いしましょう。