冗談抜きで家が建つほど服を買った俺のファッションブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かすかすぴっぴ

ファッション好きな方、どぞ

夏でも長袖シャツを着たい!涼しく見せるための3つのポイントとは?

夏でも長袖シャツを着たい!!

 

f:id:kspippi:20170423173958j:plain

 

こんにちは、kspippiです。

 

今日は夏でも長袖シャツを着たい…とお考えのあなたに向けて、お話ししていきたいと思います。

 

夏に長袖を着ること自体、少々ハードルが高いと思われがちですが、今回お伝えする3つのポイントさえ意識すれば、実はそんなに難しくはありません。

 

…と言うわけで、早速ではありますが、その3つのポイントを見ていきましょう!

 

夏に長袖シャツを上手に着るために! 3つのポイントをご紹介!

 

まず、夏に長袖シャツを着るのに大事な考え方として、

 

「いかに涼しく見せるか」

 

ということを意識しなければなりません。

 

漠然と長袖シャツを着ても、着ている本人はもちろん、周りから見ても暑苦しいと思われてしまいますからね…。

 

じゃあ、どのようにして涼しく見せるかと言いますと、

 

以下3つのポイントさえ押さえれば、カンタンに攻略する事が出来るんです。

 

  1. 薄い素材のシャツを着る
  2. 袖をロールアップする
  3. ショートパンツやサンダルを使うなど、下半身で調整する

 

ここからは、上記3つのポイントについて、ひとつひとつ解説していきたいと思います。

 

薄い素材のシャツを着る

 

f:id:kspippi:20170423174504p:plain

 

一口に長袖シャツと言っても、その素材はさまざまです。

 

よくあるコットン生地のやつから、ネルシャツみたいなウールのやつまで、いろんな物がありますね。

 

そして、数ある素材の中でも、夏にピッタリなのはやはりリネン素材です。

 

なので、リネン素材のシャツを選べば良いという事になります。

 

ちなみにこの素材は、かなーり軽い素材です。生地は薄いですし、風通しも良いので、夏に着ていてもそこまでの暑苦しさはありません。

 

また、周りから見ても「あの人あつそー……」なんて事にはならないと思います。だから周囲の目を気にする必要もないでしょう。

 

袖をロールアップする

 

f:id:kspippi:20170423174529p:plain

 

これは誰でも思いつくでしょうが、袖をロールアップするのも、夏に長袖シャツを着る上では重要なテクニックです。

 

ちなみにロールアップする回数は問いません。パンツの場合だと、ロールアップは1〜2回がベストなどと言われますが、シャツの袖に関しては適当で良いと思います。

 

むしろ、無造作にぐしゃぐしゃ〜とロールアップして、少し乱暴にたくし上げるくらいの方が、男らしくて格好良いと思いますね。笑

 

さらにブレスレットや時計など、手首に着けるアクセサリーを見せてやると、オシャレ度が上がって良いでしょう。

 

ショートパンツやサンダルを使うなど、下半身で調整する

 

f:id:kspippi:20170423174545p:plain

 

直接シャツに関係する事はありませんが、下半身で調整するのも大事なポイントです。

 

例えばショートパンツを履けば、足の露出度が上がりますよね。そこで視覚的な涼しさが生まれ、例え上が長袖だったとしても、不思議と暑そうには見えなくなります。

 

また、フルレングスや9部丈のパンツを穿くにしても、サンダルを履く事で涼しく見せることができます。

 

このように、夏に長袖シャツを着る場合、下半身に何を持ってくるかで全体の印象が変わります。

 

コレはかなり重要な事ですから、今年の夏はぜひ意識してみて下さい。

 

まとめ

 

…ではでは、最後にまとめに入りましょう。

 

夏でも長袖シャツを着るためには、

 

「いかに涼しく見せるか」

 

を考える必要があり、

 

そのためのテクニックとして、

 

  • 薄い素材のシャツを着ること
  • 袖をロールアップすること
  • 下半身でバランスを取ること

 

上記の3つが有効です!

 

…以上でお話はおしまいです。

 

今後もいろいろと記事を書いていきますので、宜しくお願いします。

 

またお会いしましょう。