冗談抜きで家が建つほど服を買った俺のファッションブログ

かすかすぴっぴ

ファッション好きな方、どぞ

Klemanのチロリアン、PADREのサイズ感や感想、取り扱い店舗をまとめてみた。

ウワサのKlemanの靴をレビューする

 

こんにちは、kspippiだ。 

 

今回、僕が購入したのはチロリアンシューズ型のpadreで、

 

カラーはNoir(黒)をチョイス。実物はこちらである。

 

f:id:kspippi:20160310232947j:plain

 

たぶんklemanでは一番人気があるヤツ。

 

なので、あなたも気になっていたのではないだろうか。

 

今回の記事では、

 

「klemanを買おうかけっこう迷ってる」

 

「なんとなく興味があって」

 

というあなたのために、実際にklemanのpadreを買った僕が、

 

出来る限り詳細にレビューをしていきたいと思う。

 

どうか少しでもあなたの参考になれば幸いだ。

  

まずはサイズ感からお話ししていく

 

結論から言うと、足の実寸に合わせて選べば間違いない。

 

ちなみにKlemanのメンズサイズは、以下のように分類されている。

 

・39(約24センチ)

・40(約25センチ)

・41(約26センチ)

・42(約27センチ)

・43(約28センチ)

 

以上、5サイズだ。

 

もしかしたらまだサイズ展開があるかも知れないけれど、良く取り扱われているのは上記5サイズだと思われる(僕調べ)。

 

この中から僕が選んだサイズは、39だ。

 

僕の足の実寸は約24.5センチだから、これはほぼ実寸通りのサイズ感ということになる。

 

ちなみに40でも良さそうだったけれど、何せ革靴は履きこむにつれて革が伸びていく。

 

だから敢えて、少々キツいくらいの39をチョイスした。

(追記:1年以上履いたが、やはり革が伸びてきて、今では最高のフィット感である)

 

僕が普段履いているサイズ 

 

あと、参考までに僕が普段どのメーカーの靴を、どのサイズで履いているのかもまとめさせて頂いた。

 

・コンバース 25.5センチ

・Vans 25.5センチ

・ニューバランス 25センチ

・Blundestone UK6(約24.5センチ)

・Sanders UK6(約24.5センチ)

 

こんな感じである。

 

もしもあなたが、僕と同じようなサイズの靴を良く履く場合、

 

僕と同じ39サイズのklemanを選ぶのが正解だと思う。

 

足の形などで、多少違いがあるかも知れないが、

 

ほぼほぼ間違いないだろう。

 

ただ、人よりも横幅があるとか、そういった悩みがある場合は、

 

ワンサイズアップの40にしておくのが無難だ。

 

革の質や靴の作りのお話

 

続いて製品のクオリティについてお話ししていく。

 

値段こそ据え置きなものの、Klemanは仮にも革靴。

 

やはり革靴である以上、素材や作りなど、クオリティ面も気になるところだと思う。

 

で、このクオリティ面だけれど、僕としては正直そんなに悪くはないと思う。

 

やはりウエストンやオールデンなど、高価なものと比べると正直アレだし、

 

普段からそういった革靴に慣れている人にとっては、鼻で笑われるレベルかも知れない。

 

でも、

 

2万円程度で買える革靴ということを考慮すれば、良くできた靴だと僕は思う。

 

革はしっとりしててやわらかめ

 

革質はかなりマットで、あまり光沢はない。

 

かつ手触りはしっとりしていて、そんなに硬さを感じないから、

 

柔らかめと言って間違いないはず。

 

こういう特性から、klemanのpadreはよくも悪くも『革靴っぽくない』と言えるかも知れない。

 

他のブランドの靴に例えるなら、マーチンやジョージコックスみたいに、

 

『革靴だけど革靴じゃない』

 

的な感じだ。

 

作りは意外にしっかりしてると思う

 

klemanのpadre、作りは割としっかりしていると思う。

 

縫製はそこまで悪いと思えないし、

 

使っていて穴が空いたとかもない。

 

それにソールもしっかりしていて、この点はかなり安心感がある。

 

履き心地は良い

 

さっきソールの話をチラッとしたけど、

 

klemanのpadre、履き心地がめっちゃ良い。

 

klemanの靴にはセメント製法が使われていて、クッション性がめちゃくちゃ高い。

 

だから長時間歩いても疲れにくく、まるでスニーカーを履いているような気さえする。

 

例えば朝11時くらいに出かけて、その日の22時くらいに帰ってきても、

 

あまり足が疲れていないように思う。

 

でも独自の製法が使われている分、

 

ソールが磨り減った時の修理が難しいなどのデメリットはあるけれど、

 

Klemanのソール(SHOCK ABSORBER)はあらかじめ、

 

磨り減りにくい対策がされている。

 

だからソールの減りについては、あまり心配する必要がない。

 

ちなみにソールはこちらだ↓

 

f:id:kspippi:20160310233220j:plain

 

画像でも伝わると思うが、割と底が高い(矢印のところが約3センチもある)。

 

疲れにくいだけでなく、足長効果も期待できるのが嬉しいポイントだ。

 

Klemanのチロリアンシューズはこんな人たちにオススメだと思う

 

1・とりあえずチロリアンシューズが欲しいあなた!

 

「とりあえずチロリアンシューズが欲しい」

 

「パラブーツは高いよ…」

 

なんてあなたにはかなりお勧めできる。

 

僕もチロリアンシューズを試してみようってな感じで、

 

とりあえず的にklemanを買ってみたけど、

 

結果的に買ってよかったと思っている。

 

というかこれで満足してしまって、

 

いつか買おうと思ってたパラブーツのチロリアンに対する興味がなくなってしまった。笑

 

2・安くで今っぽい革靴が欲しいあなた!

 

「とりあえず安めで、流行りの革靴が欲しい!」

 

というあなたにも、このkleman/padreはお勧めできる。

 

相変わらずチロリアンシューズは人気で、

 

間違いなく流行りの革靴の1つだ。

 

秋冬になれば街で履いている人を良く見かけるし、

 

雑誌のスナップやインスタグラムなどのSNS上でも着用者が多い。

 

しかも値段は2万円ほどだから、

 

(あくまで革靴としては)買いやすい部類である。

 

3・スニーカー感覚で履ける革靴をお探しのあなた!

 

「良い革靴を持っているけど、汚れとか傷付くのが怖くて、なんか気軽に履いて行けないんだよなぁ」

 

「サクッと履いていけそうな革靴ねぇかな?」

 

というそこのアナタにも、klemanは良いと思う。

 

先にお話しした通り、klemanの靴の耐久性は高い。

 

1年ほど使った僕が思うに、正直2万円の革靴にしては、余裕で合格点を超えていると思う。

 

しかも靴の特性上、雨に濡れても平気というのは凄い。

 

本来レザーシューズは、雨の日には避けたいものだけど、

 

そんな時でも気軽に履いていけるのは、とてもうれしいポイントじゃないだろうか。

 

また、冒頭で述べたとおり、

 

klemanの靴はよくも悪くもあまり革靴っぽさがない。

 

だからスニーカー感覚で履くことが出来る。

 

Klemanの靴が買えるところを、全国ベースで調査してみた

 

せっかくなので、klemanを販売している実店舗を調べてみた。

 

その結果は、以下の記事にて公開している↓

 

kspippi.hatenablog.com

 

もし実物を見たい場合、上記一覧から近くのお店を訪ねてみてはどうだろうか。

 

リアル店舗いくのめんどくせって方は

 

リアル店舗に行くのめんどくせってあなたは、ネット通販でサクッと済ませよう。

 

そんなあなたのために、ガチで2時間くらい使ってオススメのお店を調べてみたので、

 

通販派のあなたは以下の内容をチェックしてみてはどうだろうか↓

 

ということで、今回のお話はここまで。

 

読了、お疲れさまでした。

 

またお会いしよう。