冗談抜きで家が建つほど服を買った俺のファッションブログ

かすかすぴっぴ

ファッション好きな方、どぞ

ブーツのサイズの選び方が分からないあなたに向けて書いた記事

ブーツのサイズはどう選べば良いの?

 

f:id:kspippi:20171224195258j:plain

 

こんにちは、kspippiです。

 

今日は『ブーツのサイズの選び方』についてお話ししていきたいと思います。

 

「冬だしブーツ履きたいけど、サイズの選び方が良くわからない…」

 

「スニーカーと同じ選び方じゃマズい?」

 

…などなど、とにかくブーツのサイズについてお悩みのあなた。

 

ぜひ最後までお付き合い頂ければと思います。

 

ブーツの正しいサイズの選び方

捨て寸を1.5センチ〜2センチ確保すべし

 

ブーツのサイズを選ぶ上で、もっとも意識すべきポイントは『捨て寸』です。

 

捨て寸を上手に確保すること=正しいブーツのサイズの選び方と言っても過言ではありません。

 

ちなみに捨て寸とは、足の指のつま先〜靴内部の先端までの余白のことを言います。

 

…で、ブーツの場合はこの捨て寸を1.5センチ〜2センチほど確保すると良いです。

 

ブーツの型にもよりますが、

 

経験上ブーツは捨て寸をある程度取って履いた方が綺麗に見えます。

 

また、それくらいの余白であれば靴擦れも起こりにくいため、履き心地的にも安心です。

 

サイズ的には+1センチ程度

 

捨て寸を自然と2センチほど確保出来る、超簡単な方法が1サイズアップです。

 

例えば普段25センチのスニーカーを履いているのであれば、

 

26センチのブーツを選ぶと良いです。

 

もちろんメーカーや型にもよるのですが、だいたいの場合は1サイズアップでちょうど良くなります(経験談)。

 

足の実寸を知る事でより正確性が増す

 

より正確にブーツのサイズを選びたい場合は、まずあなたの足の実寸を知る必要があります。

 

足の実寸とは、言うまでもなく『裸足のサイズ』のことですね。

 

これを把握しておくことで、さっきの捨て寸も確保しやすくなりますし、

 

それとブーツだけじゃなく、靴選びそのものの精度向上にもなりますね。

 

ちなみに実寸うんぬんについては、以下の記事で詳しくお話ししてます↓

 

【関連記事】

靴のサイズが分からないあなたに読んで欲しい『正しい靴のサイズの選び方』

 

終わりに

 

以上、ブーツのサイズの選び方についてのお話でした。

 

とにかく捨て寸が大事ってことを覚えておけば、そこまでサイズに悩むことなくブーツを選べるようになります。

 

近々購入予定の場合は、ぜひ今回のお話を役立てて頂けると嬉しいです。

 

それでは、今日はこれにて〆たいと思います。

 

またお会いしましょう。

ムースとワックスとジェルって何が違うのってあなたに読んでほしい記事

ムースとワックスとジェルって何が違うの

f:id:kspippi:20171223212020j:plain

 

こんにちは、kspippiです。

 

今日は整髪料のお話をしていきます。

 

具体的な内容はタイトルのとおり、

 

『ムースとジェルとワックスの違い』についてですね。

 

「そう言えば違いなんて知らなかったわ」

 

「新しい整髪料が欲しいんだけど、どれを買うべきか迷う」

 

というあなたには、今回のお話が役に立つこと間違いなしです。

 

てなわけで、早速いってみましょう。

 

ムースとジェルとワックスの違い

 

結論から言うと、これら3つは用途が違います。

 

それぞれに応じた用途があり、あなたが目指すスタイリングによって使い分けていくという感じです。

 

…では、以下にそれぞれの用途と特徴をまとめていきます。

 

ワックスの特徴と用途

ワックスの特徴

ハードやソフトなど、そのワックスのタイプにもよりますが、

 

すべてに共通する特徴があります。

 

それは『伸びが良くて粘り気が強い』という事です。

 

当たり前ですが、ワックスの基本成分は油です。

 

だから粘り気が強く、伸びが良いんですね。

 

そしてこの特徴から、用途は以下のように言えます。

 

ワックスの用途

 

『ガチガチに固めない、程よい整髪』が用途となります。

 

その粘り気の強さと伸びを生かして、自由なスタイリングがしやすいです。

 

なので、多少ミスってもリカバリーがすぐ効きます。

 

ちょっと形が気に入らなくても、まるで粘土で何かを作るような感覚で整え直すことが出来ます。

 

こういう特性から再整髪が行いやすいのも良いですね。

 

比較的髪型を選ばず、またスタイリング剤に慣れていない人でも使いやすい、

 

いわば『万能型整髪料』というわけですな。

 

ジェルの特徴と用途

ジェルの用途

 

『髪をバチバチに固める』というのが、ジェルにおける最大の用途です。

 

もちろん人によって目指すところは変わりますが、

 

ほとんどにおいてジェルを使いたい時=髪をガチガチに固めたい時、です。

 

例えば髪を思いっきり立ち上げたい時とか、7:3にバチィ! と整えたい時とかに役立ちます。

 

また、他に考えられる用途としては『髪をテカらせる』というのもあります。

 

例えば少し前に大流行した濡髪をイメージすると分かりやすいでしょう。

 

ジェルの特徴

 

前述の用途から分かるように、ジェルの最大の特徴はそのツヤにあります。

 

ワックスとは違って水性なので、使用後に髪がめちゃくちゃテカります。

 

ちなみジェルは乾いた髪につけても機能せず、

 

濡れた髪につけてこそ真価を発揮します。

 

これは髪が濡れた状態でないとジェルが馴染まないからです。

 

乾いた髪につけてもただパサパサするだけで、

 

もはや整髪にすらなりません。

 

しかし濡れた髪につけるとパキっと固まり、

 

またジェル特有のツヤも出てきます。

 

このあたり、基本的に髪が乾いた状態でつけるワックスとは真逆と言えるでしょう。

 

【↓併せて読みたい関連記事↓】

どこでも買えちゃう超おすすめのジェルを3つ紹介してみる

 

ムースの用途と特徴

ムースの用途

 

『ほど良く髪を固めるのに使う』というのがムースの用途です。

 

ジェルほどバキバキにならず、かと言ってワックスほど柔軟ではない、

 

まさにその中間と言える感じです。

 

例えばオールバックにする時とか、最近よく見るメンズの団子ヘアーにしたい時などに重宝します。

 

ジェルじゃハードすぎるし、ワックスも何か違う…そんな時はムースの出番です。

 

ムースの特徴

 

比較的しっとりとした仕上がりになる、というのがムースの特徴と言えます。

 

ムースはジェルと似たところがありますが、

 

ジェルならパキィ! となっちゃうところを、ムースならしっとりと仕上げることが出来ます。

 

例えば髪が長い方で、濡れ感は欲しいけどジェルじゃバキバキになってしまう…なんて場合はムースが役に立ちます。

 

現に僕は現在ムースを使っていて、長い髪にツヤを与えつつ、ほど良くまとまるところがしっくり来ています。

 

ちなみにムースもジェル同様、髪が濡れた状態で使います。

 

ムースを使うときには覚えておきたいポイントですね。

 

終わりに

 

以上、ムースとワックスとジェルの違いって一体なんぞってお話でした。

 

今回のお話があなたのお役に立ったのであれば嬉しいです。

 

…ではでは、今日はこの辺で〆たいと思います。

 

またお会いしましょう。

マフラーで首がかゆい!チクチクから解放される2つの素材とは?

マフラーを巻くと首がかゆい!

f:id:kspippi:20171027202208j:plain

 

こんにちは、kspippiです。

 

そろそろ本格的に冬を迎えますし、

 

マフラーが恋しくなる季節ですね。

 

マフラーっておしゃれですし、何よりあったかいですから、

 

それを堂々と身に着けることが出来る冬の到来が、

 

待ち遠しく思っている方もいるのではないでしょうか。

 

そんなマフラーですが、

 

「巻くとかゆくなる…」

 

「チクチクがマジでうぜぇ!」

 

と感じることがありませんか?

 

僕は良くあります。いや、今では良くあったという方が正しいですね。

 

なぜ過去形かと言いますと、

 

『かゆくないマフラーの選び方』

 

というのが、今では分かるようになったからなんですよね。

 

それを今回、あなたにお話ししていきたいと思います。

 

それではいってみましょう!

 

マフラーで首がかゆくなる原因は素材にあり!?

 

さて、まずマフラーを巻くとなぜかゆくなるのかってところから、

 

お話しをしていこうと思います。

 

これはひとえに素材が原因です。

 

マフラーによく使われている素材はウール…つまるところ、ウールが原因というわけですな。

 

あれが首=肌にダイレクトに接触することで、

 

あなたはかゆみを感じているというわけです。

 

特にあなたが敏感肌の場合、

 

かゆみによるストレスはものすごいでしょう。

 

あまりのかゆみに耐え切れず、

 

「冗談抜きにマフラーを捨ててしまいたい…!」

 

と思った経験が、一度はあるのではないかと思います。

 

…で、この原因を考えると、

 

『ウール以外の素材のマフラーを選ぶのが吉』

 

と、答えはこのようになりますな。

 

ウール素材以外のマフラーの問題点

 

とは言え、ウール素材以外のマフラーには、

 

とある問題点があります。

 

それは『防寒性が落ちる』ということ。

 

ウール以外にはアクリルなどいろんな素材のマフラーがありますが、

 

それらすべて、やはりウールの暖かさには勝てません。

 

あのあったかさもマフラーの醍醐味のひとつなのに、

 

それが失われてしまうというのは、

 

ちょっと嫌ですよね。

 

 

そこでお勧めなのが、これから紹介する二つです。

 

メリノウール

 

まず紹介したいのが、メリノウール素材です。

 

これはウールの一種ですが、

 

通常のウールとは異なり、

 

『手触りがめちゃくちゃ良い』という特徴があります。

 

羊の毛からなるメリノウールは、

 

普通のウールよりも毛が短く、

 

さらに手触りがなめらかなため、

 

「普通のマフラーじゃだめだけど、メリノウールのマフラーはかゆくならない」

 

という人がいますからね。

 

なのでまず、

 

選択肢のひとつとして、このメリノウールは覚えておきたいところです。

 

カシミア

 

もうひとつ、カシミアのマフラーも良いですね。

 

こちらもメリノウール同様、

 

手触りがなめらかであり、かゆみを感じにくいです。

 

また、カシミアならではの高級感もポイントでしょう。

 

特にカシミア100であれば、めちゃくちゃ上品さがありますし、

 

身に着けるだけでクリーンさが増します。

 

その分すこし値段は張りますが、

 

それだけに長く使えますので、

 

そういった観点からも、十分に選択肢となり得るでしょう。

 

おわりに

 

以上、首がかゆくならないマフラーについてのお話でした。

 

今回お話しさせてもらった、

 

メリノウールとカシミアのマフラー。

 

僕もこれらのマフラーを使い始めてから、

 

一気にかゆみを感じなくなりました。

 

なので、良かったらぜひ、

 

あなたも試してみられてはいかがでしょうか。

 

それでは、今回のお話はここまでとします。

 

またお会いしましょう!

 

顔デカメンズ必見!顔が大きく見えないタートルネックの選び方には3つのポイントがあるって知ってた?

f:id:kspippi:20170921175401j:plain

 

こんにちは、kspippiです。

 

『タートルネックを着ると顔が大きく見えてしまう』

 

というのは、よく聞く言葉だと思います。

 

なのであなたは、

 

「本当はタートルネックを着たいけど着れない…」

 

「俺もかっこよくタートルネックを着てみたいぜ…」

 

なんて悩みを抱えているのではないでしょうか。

 

事実、僕も少し前まではその言葉に悩まされ、

 

「タートルカッコいいよなぁ…」

 

と憧れを持ちつつも、なかなか手を出せずにいました。

 

でも、いろいろと試しに試しまくった結果、

 

僕なりの『顔が大きく見えないタートルネックの選び方』

 

を見つけることが出来ました。

 

今日はそれを、包み隠さずお話ししていきたいと思います。

 

この記事はたぶん5分もあれば読めますので、

 

最後までお付き合い頂けると嬉しいです。

 

それでは、いってみましょう!

 

顔を大きく見せないタートルネックの選び方3つ!

色は絶対に膨張色

 

さて、顔を大きく見せないタートルネックの選び方として、

 

まず初めに紹介したいのは色のお話です。

 

『顔を大きく見せない』ことを意識するならば、

 

絶対に膨張色を選ぶべきです。

 

なぜなら、

 

『首周りが大きく見えて、相対的に顔が小さく見えるから』

 

ですね。

 

膨張色には、物を大きく見せる力があります。

 

これを利用して、首回りを大きく見せ、小顔効果を狙うというわけです。

 

だからタートルネックで顔を大きく見せないためには、

 

絶対に膨張色の物を選ぶべき、なんですな。

 

NGなのは収縮色!

 

逆に絶対に選ぶべきでないのは、

 

収縮色のタートルネックです。

 

収縮色の特徴として、

 

『ものを小さく見せる効果』

 

があります。

 

そのため、首回りが小さく見えてしまい、

 

結果、顔の大きさを強調してしまうというワケです。

 

なので、黒とか濃い色のタートルネックは、

 

絶対に選ばないように意識しましょう。

 

タートル部分の面積は広めで!

 

次に大事なのは、

 

『タートル部分の面積』

 

についてです。

 

こちらはなるべく広めで、

 

ボリュームがあるものを選ぶようにしましょう。

 

理由は先ほど色のところでお話ししたのと同様、

 

首周りにボリュームを作ることで、顔を相対的に小さく見せる事が出来るためです。

 

なので、こういう首がキュッとなるようなものではなく↓

 

f:id:kspippi:20170921182033p:plain

 

このように、フワッとした物を選ぶのが正解です↓

 

f:id:kspippi:20170921182056p:plain

 

ここは意外と見落としがちなポイントなので、

 

お買い物の際は、厳しくチェックしても良いかも知れませんね。

 

サイズは少し緩めで!

 

最後にサイズの話をしておきましょう。

 

こちらは少し緩めのサイズを選ぶのが正解です。

 

まぁコレはタートルに限った話ではないのですが、

 

あまりジャストサイズすぎる物を選んでしまうと、

 

上半身がシャープに見え、顔の大きさが目立つ…なんて事になってしまいます。

 

それがタートルとあっては余計に強調されてしまいますから、

 

あまりピタっとしたサイズの物は避け、

 

少し緩めのサイズを選ぶようにすると、うまくバランスを取れると思います。

 

さいごに

 

以上、顔が大きく見えないタートルネックの選び方を、

 

3つに分けてお話しさせて頂きました。

 

今日お話ししたことは、

 

「なんとか顔が大きな僕でも、タートルネックを着れないかな…」

 

と頭を抱え、いろいろと試行錯誤をした結果です。

 

なので一定の効果は期待できますから、

 

ぜひあなたも試してみて下さい。

 

それでは、今日のお話はここまでとします。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

またお会いしましょう!

 

顔がデカいなら絶対に知っておきたい小顔に見えるマフラーの色

f:id:kspippi:20170906144642j:plain

 

こんにちは、kspippiです。

 

今日は顔がデカいとお悩みのあなたに向けて、

 

『小顔に見えるマフラーの色』についてのお話です。

 

この記事を読むだけで、

 

『小顔効果MAXなマフラーの色』

 

が分かり、

 

「マフラー着けると顔が大きく見えちゃう…泣」

 

なんて想いを今後しなくなる事でしょう。

 

この記事は多分、5分もあれば読めてしまいます。

 

良かったら少しお時間頂けると嬉しいです。

 

ではでは、いってみましょう!

 

小顔に見えるマフラーの色=膨張色

 

小顔に見えるマフラーの色…

 

それはずばり『膨張色』です。

 

膨張色とは、

 

  • パステルカラーなどの薄い色・明る目の色
  • 暖色系の色

 

主に上記2色の事を言います。

 

なのでマフラーで小顔に見せたいのであれば、

 

『薄い色・明る目の色や暖色系の色を選べば良い!』

 

ということになります。

 

例えばこういう色ですね↓

 

f:id:kspippi:20170906144713p:plain

 

なぜ膨張色なのか

 

ではなぜ、小顔に見えるマフラーの色=膨張色なのでしょうか?

 

その理由はずばり、

 

『マフラーが大きく見えて顔が目立たなくなるから』

 

なのです!

 

膨張色には物を大きく見せる効果があります。

 

マフラーが視覚的にデカく見えるので、

 

相対的に顔の大きさが目立たなくなる、つまり小顔効果が高いということです。

 

だからマフラーで顔を小さく見せるには、

 

絶対に膨張色を選ぶべきなんですね。

 

膨張色のマフラーを使ったコーディネート例

 

ここまでのお話で、小顔効果のあるマフラーの色はお分かり頂けたと思います。

 

ここからは、実際に膨張色のマフラーを使ったコーディネート例を見ていきましょう。

 

まずはこちらの画像を見てみて下さい↓

 

f:id:kspippi:20170906144752p:plain

画像引用:Instagram

 

 

この方が着けているのは、マフラーではなくスヌードなのですが、

 

膨張色のお陰でマフラーの存在感が増し、

 

顔の大きさが目立たなくなっているのがお分かり頂けると思います。

 

おそらく大半の方が、

 

まずマフラーに目がいったのではないでしょうか。

 

さいごに

 

今回のお話で、小顔を見せるマフラーの色=膨張色であることが分かりましたね。

 

画像でも見て頂いたとおり、十分に効果が期待できると思います。

 

ちなみに首周りに膨張色を持ってくるというテクニックは、

 

マフラー以外でも有効です。

 

例えばタートルネックを着たい場合も、

 

同じく膨張色の物を使えば、顔が大きく強調されてしまうという事は起こりにくいです。

 

ぜひぜひ、あなたの冬物選びに役立ててもらえれば嬉しいです。

 

それでは、今日の記事はここまでとします。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

またお会いしましょう。